ムコ多糖症は5万人に一人

ムコ多糖症って、知っていますか?
ムコ多糖症は、遺伝子の異常により、体の中の代謝物質「ムコ多糖」を分解する酵素がないために、「ムコ多糖」が体中に溜まっていく病気です。

「ムコ多糖症」は日々、症状が進行し、知能障害・運動能力・聴力の喪失と呼吸困難などを伴い、寿命は10歳から15歳くらい。

赤ちゃん5万人に一人の確率なので、だいたい毎年20名のムコ多糖症の子が生まれてきます。

以前は治療法は骨髄移植だけでした。

現在、点滴による治療法が出てきました。
厚生省の認可待ちなので、はやく認可がおりると良いです。

ムコ多糖症は進行性の病気ですから、はやく手を打つ必要があります。

PR子供服 禁煙 禁煙効果 タバコ ストラップ メゾピアノ アン・ジェウク 韓流スター大百科

,,


amiyaa at 09:54 この記事をクリップ!
健康と病気 
Google